沖縄県那覇市の観光の目玉、首里城のある首里の特産である首里花織は、先染めの紋織物です。

経糸と経糸の間に緯糸を挟んで紋柄を作る方法で、両面とも経糸が浮いている状態になります。首里ドートン織、ロートン織とも呼ばれる織り方です。

着尺地、帯地などに使われます。王朝時代は男性用の布でしたが、現代では帯や小物類なども作られるようになりました。

首里花織の歴史

まだ沖縄が琉球王国だった15世紀初頭、琉球は中国、南方貿易東南アジアとの交易の拠点でした。

貿易により中国から伝わった花織が、独自の発達を遂げ、首里花織になったとされます。

優れたデザインの織物は、貴族など位の高い人々の衣服として広まりました。現在でも、歴史上において芸術的価値が高いものでありながら、独特の地方色を示す織物として知られています。