北海道沙流郡平取町の生産する厚司織は、もとはオヒョウという木の皮で織られたもので、アイヌの伝統的な織物です。

すべて手作業で作られたやわらかく丈夫な布は、様々な物に使われます。衣服にする場合は、アップリケや刺繍でアイヌ固有の紋様をほどこします。

昔は普段着から晴着、帯、前掛け、刀掛け帯、日用品を作るのに等に使われていましたが、現在は観光客向けのショーで着る服や、土産物を作るのに使われています。

アイヌ文化では、もともと編み袋や縄など、織物の技術が進んでおり、厚司織もその一部です。

織機が使われ始めると、厚司織が衣服の生地の主流を占めるようになり、オヒョウが多く消費されるようになりました。現在はオヒョウの数が減少し、入手しずらくなっているため、シナノキが主に使われているそうです。