新潟県の小千谷市、十日町、南魚沼地方に昔から伝わる越後上布は、重要無形文化財、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている最高級織物です。

麻製の平織りで、江戸時代に幕府への上納品として献上されていたことから、上等な麻織物のことを指す「上布(じょうふ)」をつけて呼ばれるようになりました。

着心地は軽く通気性が良いので、湿気の多い夏に好まれました。苧麻(ちょま)という原料を使っていますが、この生産量が減少し、織り手も高齢化し継承も難航しているため、滅亡の危機にある織物です。

雪国で生まれた織物らしく、仕上げのさらしでは「雪さらし」を行います。糸のまま、または布に織ってから雪の上にさらします。織布でさらす時は艚の中で布踏みをして雪の上にならべ、これを一週間程繰り返します。